しっかり者なカップルに人気の重ね付け婚約指輪(セットリング)とは?

近年、重ね付けタイプの婚約指輪を選ぶカップルが増えています。なぜ、このようなスタイルが広く受け入れられているのか調査してみたところ、意外な理由が浮かび上がってきました。せっかくの婚約指輪を普段にも使えるようにするための、しっかり者カップルならではの工夫がいっぱいなので、ぜひ指輪選びの参考にしてみてください。また、重ね付けタイプの指輪の正しい付け方や、よく選ばれている組み合わせの紹介、実際にこのタイプの指輪を購入したカップルへのインタビューも併せてご紹介します。

普段使いもできちゃう
重ね付けタイプの
婚約指輪ってどんなもの?

せっかく準備した指輪をしまい込むことなく、結婚指とセットで有効に活用できる点。これが、重ね付けタイプの婚約指輪が人気となっている大きなポイントです。双方が引き立つデザインを選べば普段使いにしても違和感がなく、手元にボリュームが出るのでお呼ばれの席でも大活躍間違いなしです。日本では一般的であった「高価な宝石がついた婚約指輪はきちんと箱に入れてしまっておくもの」という考え方。もちろん今でも、その考え方は根強く残っていますが、海外では2つを重ねて使うことが常識となっています。その影響もあり、若い人を中心に、徐々に考え方が変わってきているといえるでしょう。

重ね付けタイプの婚約指輪の正しいつけ方

婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける場合は、結婚指輪を内側にして、婚約指輪が外側にくるようにします。これには「いつまでも婚約したときの純粋な気持ちを忘れないように」という想いが込められており、婚約指輪で結婚指輪を閉じ込めることで、結婚生活の荒波を二人で協力して乗り切っていくことの決意を表します。つけるほうの手は、ライフスタイルや好みに合わせてどちらを選んでも大丈夫ですが、正式な意味に則りたいなら左手が正解。左手の薬指は心臓の位置により近く、心臓へと続く太い血管が通っているといわれ、永遠の愛を誓った指輪をつけるのにふさわしいとされているのです。ただ、日本では婚約指輪を右手の薬指につけることは「恋人がいます」という証拠になるので、結婚指輪をつけるときまでは右手……という使い方も良いのではないでしょうか?

”3”の魅力
重ね付けタイプ(セットリング)の魅力とは?

魅力1

1.フォーマルなシーン以外でも婚約指輪が使用できる

婚約指輪には豪華な宝石が付いている場合が多いので、どうしても特別な日につけるものになりがちでした。しかし、普段使いを意識して結婚指輪と合うデザインにすれば、フォーマル以外にも使えるのです。婚約指輪は恋人からプロポーズをされた特別なものなので、これはうれしいメリット。常に手元に飾り、目にすることで、恋人時代の甘い気持ちを思い出して新鮮さを保つことにつながります。毎日使ってもいいですし、食事や旅行などちょっと特別なお出かけ用に使うのも素敵ですね。

魅力2

2.フォーマルなシーン以外でも婚約指輪が使用できる

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすることのメリットの一つに、組み合わせしだいでさらにゴージャスな雰囲気にできるというのがあります。どうせ重ね付けするなら、人に注目してもらえるよう、華やかに手元を彩りたいですよね。結婚指輪をシンプルなものにするなら、婚約指輪に目立つ宝石を付けたり、カーブのあるデザインにしたりすると効果的です。もちろん、結婚指輪そのものもゴージャスデザインに仕上げても素敵です。

魅力3

3.フォーマルなシーン以外でも婚約指輪が使用できる

婚約指輪をオーダーする際、併せて結婚指輪も一緒に購入すれば、割引が受けられることがあります。普段は割引に応じないお店でも、キャンペーン時だけ特別に割り引いてくれるケースもあるので、お目当てのお店があればチェックしてみてくださいね。割引率はお店によって違いますが、セット購入の場合、少なくとも5,000円は安くなるでしょう。また、同時に3つめの指輪をオーダーすればその分だけ無料になったり、キャンペーンと組み合わせることによって数万円も安くなったりすることもあります。

重ね付けタイプの婚約指輪の
組み合わせカタログ

  • ストレート×ストレート

    Diana D.
    (ダイヤモンドシライシ)

    ダイヤモンドシライシの「Diana D.(ディアナ ディー)」は、シンプルなリングとまばゆいダイヤを散りばめたゴージャスリングな組み合わせです。華やかでありながら上品な印象なので、幅広いシーンで活躍します。

  • Vライン×Vライン

    Angel Ladder
    (ダイヤモンドシライシ)

    ダイヤモンドシライシの「Angel Ladder(エンジェル ラダー)」は、天使のはしごをイメージした美しいリングをVラインの組み合わせでつけるセットです。形が同じなのでスッキリした印象になります。婚約指輪のダイヤで華やかさもアップ。

  • S字ライン×S字ライン

    ジュピター&アマルテア
    (アイプリモ)

    アイプリモの「ジュピター&アマルテア」は、アームと爪が一体となったS字ラインの組み合わせで指をほっそりと見せてくれます。流れるラインは重ね付けにぴったり。シンプルなダイヤは指に華やかな彩りを添えます。

  • ゴージャス×シンプル

    Bouquet
    (ダイヤモンドシライシ)

    ダイヤモンドシライシの「Bouquet(ブーケ)」は、シンプルなリングとダイヤを一面に散りばめたゴージャスなリングの組み合わせです。花束のブーケを意味しており、永遠の愛の誓いとしてはぴったり。思わず笑顔がこぼれる愛らしさです。

  • S字ライン×ストレート

    Bonheur
    (エクセルコ)

    エクセルコの「Bonheur(ボヌール)」は、ワンポイントの装飾を施したS字ラインのシンプルなリングと、まばゆいダイヤを散りばめたストレートラインのリングの組み合わせです。女性らしいデザインは指先を上品に見せてくれます。

  • 太めライン×細めライン

    八重霞
    (俄)

    俄の「八重霞(やえがすみ)」は、モダンなデザインの太いリングと、ダイヤを贅沢にあしらった細いリングの組み合わせです。太さのちがうリングを重ね付けすると、程よいボリュームが出て手元が華やかな印象になります。

しっかり者カップルにインタビュー!
どうして重ねず付けを選んだの?

  • いつまでも使える!

    私がセットリングを選んだのは、せっかく彼が贈ってくれる婚約指輪をタンスの中に眠らせたままにするのが嫌だったからです。知識がなく、初めはどう選べばいいのか悩みましたが、お店の人が詳しく説明してくれて、私たちの希望に沿ったデザインを探してくれたので安心して購入できました。少し華やかなデザインにしたので、普段のお出かけはもちろん、結婚式やパーティにも使えて重宝しています。状況に合わせていろいろな組み合わせができるところも便利です。

  • セットでお得に購入!

    僕が彼女に贈る婚約指輪を結婚指輪とセットにしようと思ったのは、割引がきいて安く購入できるからです。結婚にあたっては式の費用やハネムーンの旅行代などがかさむので、少しでもお得になるのはありがたかったです。デザインは彼女の好きなものを選んでほしかったので、二人で一緒にお店に行きました。僕は職場でも違和感なくつけられるシンプルなもの、彼女はダイヤの付いたゴージャスなセットを選びましたが、使いやすくて満足しています。

  • いろいろなアレンジを楽しめる!

    私と彼は、とにかくおしゃれが大好き! だから、婚約指輪は結婚指輪とセットになっているものを選んで、いろいろなアレンジを楽しもうと決めました。婚約指輪はちょっと派手目に、結婚指輪はシンプルなものを選び、どんな洋服やアクセサリーとも合わせられるようにしました。彼も、キャンペーンを利用して2つ指輪を作ったので、プライベートの時は指先のおしゃれを楽しんでいますよ。婚約指輪と結婚指輪は断然セットがお得です。

大切な指輪だからこそ
”重ね付け”がオススメ!

「特別な日に使うもの」「婚約中のみつけるもの」という固定概念を覆し、婚約指輪を結婚指輪と一緒に普段使いできるように工夫したセットリング。せっかくの指輪をしまいこみたくない! というカップルに選ばれ、人気はどんどん上がっています。また、セットで購入すると割引をしてくれるお店もあり、予算の面でも優秀。これから始まる結婚生活に少しでもお金を残すためにも、お得にゲットしましょう!ただ、セットリングは良い面ばかりではありません。デメリットについていくつかご紹介するので、指輪選びの参考にしてください。

重ね付けタイプの婚約指輪の気を付けるべき点

1.指輪サイズの選び方が少しだけ難しい

指の太さは場所によって違うので、普通は指輪が自然に止まる位置に合わせてサイズを決めます。しかし、2つの指輪を重ねてつけることを前提に選ぶセットリングは、内側になる結婚指輪を指の太い部分に合わせるので、外側につける婚約指輪に比べるとどうしてもサイズが大きくなってしまうのです。重ね付けするときはいいけれど、単体で使うときはぶかぶかして困ってしまうので、どのように使うのかをよく考え、後から困らないよう慎重にサイズを決めていきましょう。

 

2.指輪同士がぶつかって傷になりやすい

見た目が華やかで婚約指輪をしっかり生かせるセットリングですが、2つの金属がぶつかり合うため、傷がつきやすいところが難点です。リングの材質には傷がつきやすいもの・つきにくいものがあるので、重ね付けをする場合はできるだけ丈夫なものを選びましょう。傷がつきにくく、変色にも強い素材として注目を集めているのが「チタン」です。金属アレルギーを起こしにくいので、普通の指輪では荒れてしまうという人でも安心して使えます。また、他の素材に比べて軽いので、アクセサリーに慣れていない男性にもおすすめです。

このように、メリットだけではなく、デメリットも抱えているセットリングは、単体で選ぶよりも難易度が高くなります。あまり指輪に関する知識がないという場合は、無理に自分たちで選ぼうとせず、セットリングを積極的に販売しているお店で、店員さんにアドバイスをしてもらいながら決めると良いでしょう。また、セットリングは買った後が重要です。せっかくセットにしてもうまく使いこなせなければ意味がないので、上手な組み合わせ方やアフターケアについてもきちんと確認しておきましょう。婚約指輪や結婚指輪は一生の付き合いになるので、購入後も気軽に相談に乗ってくれるお店を選ぶといいですね。